ライフスタイル(自己啓発)

入院に必要な持ち物を30サイト分をまとめてみました

 

こんにちは、ねむりゆしか(@nemuriusica)です。
「暮らしに魔法を」におかえりなさい♪

入院をするのに何を持って行ったらいいんだろう?

って戸惑いますよね。

ネットで見ると、たくさんサイトがあるからいくつも見るの大変・・・・

という方へ、30サイト分に書かれていた持ち物をまとめてみました。

これだけみておけば網羅できます!

それでは、いってみましょう!

 

入院手続きに必要なもの

  • 保険証
  • 病院から指示のあった用紙

入院申込書兼誓約書など

 

必須な持ち物

  • 現金

一息つきたいときに自販機で飲み物を購入したり、売店でものを買うことができます。

テレビカードに使う1000円札と自動販売機用の小銭を用意しましょう。

  • 履物

病院ごとに”クロックス不可”など決まりがあることがあるので確認してくださいね。

  • スマホ

 

  • イヤホン

イヤホンを持っていない、という方はダイソーで200円出せばそれなりのイヤホンが買えます。

もう少し出せて、ワイヤレスタイプが良い方はAmazonのこちらのイヤホンがオススメです。

ノイズキャンセリング付きなのにこの破格です。

料理の最中に使用していますが、問題なく使えています。

  • 服用中の薬

 

 

洋服類

コインランドリーやクリーニングのサービスがあるか病院に確認しましょう。

  • 羽織るもの

夏場はクーラーが効いて寒い場合があります。冬場でも底冷えを感じることがあるかも知れませんので、上着があると安心です。

  • むくみ防止スパッツ

ずっと寝ているので、時々着けると下半身がスッキリします。

  • マフラー

首からすっぽりかぶれるものがオススメ。

毛布の隙間から首はどうしても冷えてしまうので、首に巻くものがあると暖かく過ごせます。

冬物が売っている時期なら、100均のものが軽くてふわふわしていて着けやすいです。

  • ルームソックス

ふわふわしていて暖かいです。

足元の冷えは万病の元ですから、暖かいものを身につけましょう。

  • タオル

 

衛生用品

  • マスク

少し高めですが、濡れマスクがあるとさらに快適に過ごせます・

  • 歯ブラシ&歯磨き粉
  • ティッシュペーパー

箱入りの大きいものを持っていきましょう。最近普及し始めたフィルム梱包の方が荷物としてかさばらないのでオススメです。

  • リップクリーム・ハンドクリーム

唇や手がカサカサすると不愉快ですよね…。

乾燥を感じたら使用してくださいね。

  • ヘアブラシ
  • 顔用クリーム
  • ボディクリーム
  • メガネ
  • コンタクト・消毒液

 

  • ウエットティッシュ

食事中に汚れてしまったり、手を洗いたいときなどウエットティッシュがあると洗い場まで行かなくていいので便利です。

 

電子機器類

  • モバイルバッテリー

コンセントがあるんだから必要ないでしょ?

と思うかも知れませんが、コンセントをとる気力が出ない場合もあります。

そんな時は枕元で手軽に充電ができるのであると良いです。

 

  • ポケットWi-fi

入院時などの短期間借りることができるタイプのものがオススメ。

  • タブレット・PC

 

  • 充電器

持ち込む電子機器類の充電器は忘れないようにしてくださいね。

コードが長いものの方が、枕元に置いておけるので便利です。

 

お風呂セット

お風呂セットは、カバンの中に一式入れて、荷物を準備しましょう。

  • シャンプー&リンス

使い慣れたものでも良いですが、リンスインシャンプーにすると1回で済みます。

体の負担を減らしたい場合はその方がオススメです。

旅行用の小さめの容器で用意すると良いでしょう。

  • ボディーソープと体を洗うもの

旅行用の小さめの容器で用意すると良いでしょう。

体を洗うスポンジなどを使っている方はそれもお持ちください。

あると便利なもの

  • S字フック

ベッドサイドなどに袋やすぐに取り出したい荷物をかけることができて便利です。

  • 延長ケーブル

持っているスマホのコードが短い場合など、延長コードがあれば近くで充電することができて便利です。

  • 洗濯バサミ

開けたお菓子の袋や延長コード・ナースコールのケーブルをまとめたりするのに便利です・

 

  • クリアファイル

入院時にもらった書類などクリアファイルに挟んで保管することができます。

  • フック付きのかご

 こんなのがあると、ちょっとしたものを入れておくことができます。

 

  • 耳栓・アイマスク
  • ストロー

寝たままでも飲むことができるので、あると便利です。

  • 湿布

ずっと寝ているので、腰が痛くなってきたり寝違えたり、肩こりがしてしまうこともあります。

そういうときのために、湿布があると痛みを和らげることができます。

塗るタイプだと気になった所に塗りやすく剥がれることもないのでオススメです。

  • 体拭きシート

入浴ができないときのために体を拭けるシートを持っていくと快適に過ごすことができます。

こちらは、大判なので1枚で全身を拭くことができます。

また、尿素が配合されているのでしっとりします。

 

  • 筆記用具とメモ(付箋)用紙

ベッドを離れるときなど、看護師さんへメモを残したい時に使えます。

  • 読書用ランタン

消灯されたあとや眠れない時に読書をしたいときに使えます。

  • 低反発マットレス

ベッドが硬いと腰を悪くしてしまいます。

長時間ベッドで過ごすのでポータブルマットレスがあると便利です。

  • 小さいカバン

自販機へいくときやふらっと歩くときに貴重品を入れて持ち歩くのに便利です。

 

飲食

いつも使っているものよりも”いいもの”を選ぶのがオススメです。

気分がほんの少し前向きになれますよ。

また、冷蔵庫がない場合などあるかもしれませんので、出来るだけ生っぽくなく

個別包装されているものを選びましょう。

使用途中のものを保管できるジップロックもあると安心です。

  • ジップロック

食べかけのものを保管できます。

  • ふりかけ

病院食は美味しくない、味が薄いといった問題を抱えがちです。

少しでも味けをたすためにふりかけがあると、とても助かりますよ。

  • ジャム

パンがでるときに自分の好きなものを付けられます

  • 醤油・胡椒など調味料

味けがないときに足すことができます。

もちろん、食事コントロールが必要な入院の場合は持って行っちゃダメですからね。

  • 魔法瓶の水筒

「冷たいものを飲みたい」「温かいお茶を飲みたい」

そんなときには保温機能がある水筒があると、いつでも冷たいものや温かいお茶を手軽に飲むことができます。

関連記事
【ふわっと軽い】新しい水筒がお値段以上だった件【洗いやすくて驚いた】

続きを見る

  • 使い捨て割り箸

使い捨てを使えば、食器洗剤とスポンジが不要になります。

洗う元気がない場合もありますので、使い捨てだと楽です。

  • スプーン・フォーク

使い捨てでもいいですね。

お箸だけでなく、スプーンとフォークも忘れずに。

  • インスタント食品

お湯を注いで食べれる味噌汁やお茶や紅茶など。また、葛湯など作ることができます。

 

 

暇つぶし

  • ゲーム機

スマホのゲームではなく、3DSやSwitchなどあがあると、長く遊べてなんとも言えない安心を感じます。

その他

高齢者の入院の場合

  • 入れ歯用品
  • 老眼鏡

 

女性が入院する場合

  • 顔パック

ずっと空調の管理された室内にいると、顔が乾燥します。

顔パックがあると、ぷるんとなったお肌に気分も上がります。

  • 生理用品

使い慣れたものが良い方は用意しましょう。

長い間ベッドで過ごすので、漏れが心配な方はタンポンがオススメです。

  • 軽いメイク用品とメイク落とし

気分をあげたい気持ちや、面会者がくる場合に少し整えたいという方は用意するといいです。

こちらのすっぴんシリーズは、付けたまま寝れる洗顔不要タイプです。

肌のトーンアップをしてくれるので、普段の化粧下地としても使用することができる優れものです。

パウダーやアイメイクも揃っています。

 

 

面会時に

  • 紙コップ

お見舞いにきてくださった方にお茶を出してあげるのに便利です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「あー、あれ忘れた!」ということが無いように、準備は入念にしてくださいね♪

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ねむりゆしか(@nemuriusica)でした。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ねむりゆしか

ねむりゆしか

あなたの人生、それでいいの?ライフデザイン(生き方)を設計&叶えるお手伝い。【経歴】MARCH卒業→代表取締役(不動産)→借金3億返済中┃主婦┃趣味は料理┃合気道2段・TOEIC795┃モノトーンマニア┃ブログは、心を込めて更新しています。

-ライフスタイル(自己啓発)

Copyright© 暮らしに魔法を , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.