その他

タワーマンションのメリットとデメリット

こんにちは、ねむりゆしかです。

今回はタワーマンションに住むことへのメリット・デメリットをお話したいと思います。

港区のタワーマンションには2回住みました。

この記事を書いている今は諸事情で田舎の新築マンションに住んでいるのですが、

普通のマンションに引っ越して気づいたタワーマンションの強みと弱みについて、

それぞれ強く感じた、タワーマンションならでは!をランキング形式で発表したいと思います。

タワーマンションに住んでよかったと思ったことを3位から発表したいと思います(*´︶`*)

 

第3位 部屋の空調・機密性が最高!

タワーマンションは基本的に内廊下ですし、建物が高層なためしっかりとした作りになっています。

空調が管理されているので外気の気温によって室内の気温がとても変化しづらいです。

冬でも暖房なしでも部屋がめっちゃあったかい✨

夏は寝るときににかけたクーラーで、窓その日の夜まで快適でした。

 

気温の変化でうまく睡眠が取れなくなる人

冬に家で寒い思いをしたくない人

 

には最適だと思います。

・・・・・・・

タワーマンション2件に住んだ後に、田舎にある新築のマンションを買い2年ほど住みました。

その時にいかにタワーマンションの空調がよかったのか思い知ることになりました・・・

風が吹けば窓の隙間から小さな風は入ってくるし、冬の朝は家がちょー寒い( ´;ㅿ;`)

そして暖房を切ってから温度が下がるまでの時間が早い。

今になってタワーマンションのありがたみを知りました。

田舎の次は、また都内に引っ越すのですが(笑)

コメント

これはタワマンに限らないかもしれないので第3位にしました。

森ビルや三井や三菱などの大手の物件は、比較的作りはしっかりしていますし

窓のさんにパッキンがある物件は同じような効果を得られると思います。

 

 

第2位マンションの高級感と設備 

第二位はマンションのマンションの高級感と設備です!

正直一泊10万以上のホテルに泊まってようやくタワマン以上の満足感が得られるのでは、と思います。

理由は以下

夜景があまりにも綺麗(ホテルでは高層階ですとそれなりの額になります)

24時間コンシェルジュが家にもいる

ホテルと同じようにジムやバーなどの設備がある

自分のいつも使っているものに囲まれて寝れる(自分にとって快適なものが家にあるわけですからね)

ある意味デメリットとして、普通のホテルでは感動しなくなるということかもしれません(笑)

 

第1位 セキュリティがハンパない!

第一位に輝いたのは、セキュリティです。

住んでいて、仮に住んでいるマンションがバレても部屋の前までは来れないんじゃないか説もあるほどです。(もちろん知られないようにするのが一番ですよ・・)

部屋に侵入するには下記のゲートを越えていかねばなりません。。。

24時間セキュリティ警備員の前を通りコンシェルジュの前を通り・・・・

  1. エントランスのロックを解除
  2. エレベーターホールへ入る扉のロックを解除
  3. 鍵で認証された階にしか止まらないエレベーターの攻略
  4. 各戸の鍵を開ける

正直、鍵のある階にしか止まらないエレベーターが最強です。

たとえ住人でも、間違えた方向のエレベーターに乗ると一番上か一番下の鍵がなくても停止する階まで行かないと降りることができません(笑)

それに24時間の防災センターもマンション内にあるので、警察よりも早く駆けつけてくれるであろう人がいるのは大変心強いです。

 

悪いところ

 

第3位 たま〜に虫が入ってくる

2度虫の侵入を許してしまったことがあります。

1度目はGが、2度目は蛾が侵入してきました・・・。かなり高い階なのによくもまぁここまで飛べたもんだ・・・・。

泣きながら駆除する羽目になります。

ただ、これらは高層階だからという油断があったのがいけなかったとも言えます。

30階付近の階だったので、そもそも網戸がついていなかったのです。

夏に開けっ放しにしても蚊も一切入ってきませんでしたが、たま〜に風に乗ってやって来るお客さん(虫)もいるようです。

ここは網戸があれば問題にはならないかと思います。

コメント

コンシェルジュがいるメリットって、お願いすれば虫退治にも協力してくれる可能性があるということです。YouTuberのヒカルさんも、家でGが出てコンシェルジュに助けを求めて今したよね(笑)

 

 

 

第2位 引っ越しの搬入など高くなる

タワーマンションへの転入・転出はそうでないマンションに比べて若干割高になります。

なぜなら、

  • しっかりした養生が必要

エントランスからエレベーターまで距離がある場合が多いためその分養生代がかさむ

  • エレベーターでの移動に時間がかかるから

エレベーターがなかなかこない、というのではなく1階から各部屋までの乗車時間がかかってしまうため荷物を運ぶのに時間がかかるかららしいです。その分作業時間が伸びてしまう際にかかる人件費が上積みになるのでしょうね。

  • 高級マンションだと高くふっかけられる

この真偽は定かではない、と一応注意書きをしておきます。

ただ、エントランスからエレベーターまでの距離があるため養生の費用は増しになります。

そう思った要因として参考までに驚きの見積額を紹介します。

基本情報

90平米くらいで

3月の繁忙期に引っ越し

500キロ近い引っ越し

物の量は普通

 

の見積もり額は・・・・・・

 

 

72万

 

でした・・・・(´ºωº`)

 

ここから値切りが入るんでしょうが、あまりの高さに驚きました。。

ネットにはせいぜい20〜30万くらいって書いてあったのに・・・

 

 

ここまでデメリットを2点あげましたが、これらは正直大きな問題ではないです。

この次は、唯一と言っていいほどの真のデメリットであり最大の欠点です。

第1位 地震や火災が起きると詰む

こういうのだけは本当にどうしようもないですよね。

それぞれなんとか回避する方法を考えてみました。

火災

火災の場合は屋上にヘリポートがあるマンションだったので、火災が発生した階に応じて上か下かに逃げることができるかもしれません。

ニュースでマンションから火災がでたと報道されているときに、一室だけで止まっていますよね。

マンションは耐火性に優れている感じがしますし、タワーマンションではスプリンクラーも設置され定期的に各戸に入り検査がありました。

きちんと作動してくれれば延焼はひどくはならないのでは・・・

上(ヘリポート)か下かに逃げる選択肢があるからなんとかなる・・・かな・・・

※火災に関することは素人の推測です

 

 

地震

火災よりももう起こることが確実な地震の方がこわいですよね。

以前、震度4でエレベーターが一時停止したことがありました。

地震の時はふわーんと揺れていて、しばらく揺れている気がしました。

ある程度の自分で備えが必要になりますよね。

階段で水を運ぶのは絶対にしたくないと考えたので、2人分で72ℓ(2Lボトル36本)はパントリーに備蓄をしていました。

また、防災食やローリングストック法を使いかなりの食料は溜め込んでいました。

もう一つ地震でこわいのはエレベーターでの閉じ込めですよね。

これに関しては、エレベーター内に防災備蓄のセットを置いてもらう以外に方法はないと思います。

 

まとめ

 

この中であげた例などは、実際に住んでいたマンションの経験を書いたものであり、

全てのタワーマンションに当てはまるものではないのでお気をつけくださいね。

 

タワーマンションはその設備や周辺施設と言った日常生を過ごすには、とても便利ですが地震がくると弱者になってしまいます・・・

 

自分でも日ごろの備えによって大部分は解決することができますが、カバーしきれないところもあるのでむずかしですね💦

一番よいのはタワーマンションの低層階(地力で登り下りができる程度)に住むことだと思います。

タワーマンションのメリットを最大に教授しつつ、災害時には普通のマンションと変わらない階数にいられます。

また次の記事でお会いしましょうね・:*+.

  • この記事を書いた人

ねむりゆしか

平成生まれの会社の代表取締役(借金3億…) 大学卒業後→結婚 家事/料理/旅行について発信中! 心地い暮らしにを目指す人に、そっと良い方へ向かう魔法をかけられる記事を書いています。

-その他

Copyright© 暮らしに魔法を , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.