ライフスタイル(自己啓発)

犬を飼うときに後悔しないために【2匹飼ってわかった体験談】

こんにちは、ねむりゆしか(@nemuriusica)です。
「暮らしに魔法を」におかえりなさい♪

 

犬を飼うって決断には勇気が入りますよね。

この記事を読んでいる方は、ようやくわんちゃんを飼うことが決まったのでしょう。

おめでとうございます♪

私自身、小学生からずっと犬が飼いたくて20年越しに「犬を飼う」という願いが叶いました。

ペットショップで見かける度に「可愛い〜♡」ってなりますよね。

そのときの気持ちが毎日お家で味わえるようになりますよ。

毎日かわいいなぁって思って過ごせます(笑)

 

可愛くて、可愛くて、2匹目を飼うことになりました。

今回の記事では、2回飼ってわかった犬を飼うときに知っておくと得することを

紹介したいと思います。

この記事を読んで、迎え入れる準備を100%に近づけてあげてくださいね♪

 

犬を快適に飼うときのこつ

 

その1:ペットショップでペット保険に加入する

 

ペット保険ってありますよね。

ペットショップで犬を引き取るときにペット保険に加入をすることが出来ます。

このときにペットショップで申し込みをするのがオススメです。

なぜなら、環境の悪いブリーダーはペットショップで育てられていた子は病気にかかっている可能性が高いからです。

うちの子も大きなショッピンモールに入っているペットショップで購入しましたが、

1匹目は、フィラリア(寄生虫)がお尻からでてきたのと、耳が炎症を起こしていました。

2匹目は、耳の炎症と頭にフケが溜まっていました。

商品である以上コストはかけられないので病気が放置されている可能性があります。

フィラリアは糸状の寄生虫で、犬にとって死に至らしめる危険な病気です。

それが発覚すると加入することができなくなるペット保険があります。

1匹目の犬を購入して半年たってからペット保険は解約していたのですが、

別の保険会社で加入しようとしたら断られたり、フィラリアに関しては保険適応外にするという特約がついてしまいました。

どんな病気を持っているかわからない以上、最初に入っておいて犬の様子をみて後日解約するのが安全です。

このことを知っていたら、フィラリアになった以上、1匹目のペット保険を解約していなかったかもしれません。

 

初めて来てからは、お家に危険なものが落ちていたり場所が変わって体調を崩す子もいます。

ペット保険に加入することが本当にお得なのか、は賛否がありますが初めて迎え入れてから慣れるまでは

入っておいたほうがストレスも減ると思います。

 

ペットの病状がどうあれ、全員が加入することができるチャンスである引き取りのときに加入しておいたほうが良いです。

 

その2:犬のベッドは丸洗いできるもの・サイズを選ぶ

わんこを育てるとなると、犬のにベッドを購入することになります。

そのときにベッドは丸洗いができる物、かつ洗濯機で洗えるくらいの大きさの物を選びましょう。

またトイレの躾もできていないはずですので粗相をすることが多いです。

その上、犬はやわらかいところでトイレをする習性があります。

草の上でトイレをしていた名残であるそうです。

つまり、ベッドの上はトイレの場所になる可能性が高いです。

2匹目の犬は、ペットシーツでできることもあればベッドの上にしていたこととあり、丸洗いできるタイプで助かりました。

 

その3:低血糖を防止する食品を用意しておく

家にきた子犬はびっくりするくらい元気いっぱいです。

外へ出せばずーっと遊んでいて疲れる様子もありません。

そんなときに危険なのが低血糖です。

私も犬を買うまではそんな危険なこととは全く知りませんでした。

低血糖になると

□ 意識レベルが低下し、呼びかけに反応しなくなる

□ 痙攣を引き起こす

出展:https://wanpedia.com/hypoglycemia/

こういった症状を引き起こします。

前兆の症状に気づかずにいると短時間で死んでしまいます。

それを防ぐためにも、家には低血糖対策ができる物を常備しておくと良いでしょう。

 

こちらはペットショップでもらったものです。

飲み水に混ぜて砂糖水にしてあげていました。

飛行機に乗る前や、ご飯を食べないのに元気よく遊びまわっているときなど、

低血糖予防にあるととても安心できました。

 

小さな子はこちらのシリンジ(注射器型)を使うと良いでしょう。

我が家はこれを用意してましたが、生後6ヶ月でしたので使わずじまいでした。

 

絶対おすすめなのがこの2つです。

どちらもAmazonのレビュー評価もよいです。

Amazonのさくらレビューがないかチェックする物を使用しても、これらは良好でした。

我が家ではバイオ ニュートリスタッド 120.5g を愛用しています。

旅行に連れていくときにこちらをお弁当用のソース入れの中に入れ、保冷剤で冷やし持っていきます。(開封後は要冷蔵のため)

 

「バイオ ニュートリスタッド」のレビューをAmazonでみる

「チョイスプラス スタミノン」のレビューをAmazonでみる

 

その4:ケージを選ぶときは屋根付きがオススメ

わんこのお家選びも重要ですね。

詳しい選び方はこちらの記事を参考にしてください。

【モノトーン】インテリアにも溶け込む犬のケージと選び方のコツ

続きを見る

また、私の家で使用しているのはこちらです。

楽天1位!【犬のサークルレビュー】ホワイトでインテリアにも合う!

続きを見る

メモ

YouTube上でも紹介しているのはダイソーで購入した簡易お家になります。

現在はセカンドハウスに住んでいるため、こちらのサークルはもうひとつ本家にあります。

 

その5:カット道具も揃えよう

犬を買うとついて回る問題がトリミングです。

犬の寿命は12〜15年といわれています。

これから長い間連れ添いますし、毎回トリミングに連れて行ったらお財布にも厳しめ。

そこで、カットする道具は先に揃えておいてしまうのが良いです。

おすすめのカット道具はこちらで紹介しています。

【買ってよかった】ペット用品犬のケアもしっかりしてあげたい!に答える

続きを見る

 

まとめ

先に知っておけばあとで楽になる5選をご紹介しました。

素敵なわんこライフ、楽しんでくださいね。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ねむりゆしか

ねむりゆしか

あなたの人生、それでいいの?ライフデザイン(生き方)を設計&叶えるお手伝い。【経歴】MARCH卒業→代表取締役(不動産)→借金3億返済中┃主婦┃趣味は料理┃合気道2段・TOEIC795┃モノトーンマニア┃ブログは、心を込めて更新しています。

-ライフスタイル(自己啓発)

Copyright© 暮らしに魔法を , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.