ペット(犬)

中型犬〜小型犬でトイレのサイズに迷ったら【3つのトイレを紹介】メッシュタイプ編

こんにちは!

犬に鼻水の噴水をかけられた ねむりゆしか(@nemuriusica)です。

 

犬にちょうどいいトイレのサイズがわからない。 トイレの選び方とか使い方のポイントがあったら教えて欲しい。

 

犬用のトイレサイズの比較をしてみようと思います。

うちでは基本的にメッシュの付いているタイプのトイレを使用しているので、メッシュタイプのトイレに限定してお話させていただきたいと思います。

ちなみにメッシュタイプの利点は

メリット

  • 犬がトイレシートで遊ぶのを防ぐことができる
  • おしっこで足が濡れない

 

・犬がトイレシートで遊べない

子犬の頃はトイレシートを引き裂くのが楽しいみたいで悲惨なことになりますので、断然メッシュタイプオススメします。

うちは成犬になってもトイレシートで遊んでいます・・・・

 

デメリット・軟便のときにメッシュにめり込んでしまう

・メッシュも時どき洗わなくてはいけない

デメリット

メッシュにおしっこは触れますが、思った以上に臭ったりはしてこないです。

犬がトイレシートをいじらなければメッシュなしタイプを選ぶのが良いと思います。

 

 

我が家の使用している犬用トイレはこちらの2種類

 

両方ともアイリスオーヤマのものです。

うちの犬のスペック

 

 

 

それぞれのトレーの使い分け

1:

こちらのトレーを購入した理由は、最初に犬のトイレのしつけをつる場合は大きい方が良いということで購入しました。

ケージの半分がトイレになりますので、失敗する確率は2分の1になるわけです。

実際にうちの犬が我が家にきてからケージの中でトイレを失敗したことはありません!(来た当日の最初のケージの中でのトイレからです。すごいですよね。)

 

大きいトイレを選ぶメリット

 

デメリット

・ペットシーツ代がかかる

ワイドタイプのペットシーツの方が小さめのレギュラータイプよりも高いです。

 

 

2:

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

愛川せれん

▶︎暮らしで使って便利!▶︎お部屋に飾りたい雑貨品▶︎もっとHAPPYになれる本など【暮らしがパッと明るくなるモノ】をコンセプトに紹介していきます☆

-ペット(犬)

© 2020 暮らしに魔法を Powered by AFFINGER5